黒柴の珀

共働きで迎えた黒柴の珀。まだまだはっちゃけてます!マッタリとした日々は果たして訪れるのか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カイカイ再び

ご無沙汰してました。
4月を迎え、早くも桜は散り始めました。
珀の冬毛は今まで見たこともないくらいゴッソリ抜け、どうやら昨年「ハゲるんじゃないか?!」と心配したごう君と同じ様子…。でも、ごう君は今年穏やかな抜け具合(笑)。数年に一度、こういう年が来るような感じです。

…ということで、一回り以上小さくなり、プリプリおケツは貧相なお尻に…。やっぱり冬毛のモコモコがいいねえ~。

さて、一週間ほど前、緑地でのお散歩の時、とっても穏やかなお天気で、静かな一時、珀と一緒に草の上でゴロゴロしとりました。本当にゴロゴロ、珀の体を撫でたり、珀の背中に顔を埋めて匂いを嗅いだり(笑)、久しぶりにノホホンと過ごしたのです。


その夜、珀は我を失ったようにボリボリ掻き始めました。そして足の裏や指の間を真っ赤になるまで舐め続けてます。


こりゃ、今日の草だ!!


その後、病院に行き、先生に状況をお伝えしました。先生もカルテを見ながら、一年間の中でカイカイがでる時期などを考えると、「春や夏の草に反応してるのかも」とのこと。
なので、1日にステロイド1錠、抗生物質2錠を服用することになりました。朝は抗生物質だけ、夜は二種類とも。
すると、見事に何事もなかったかのような落ち着きぶり。


こうなると、食物アレルギーの可能性って本当にどうなのか…。


今日も経過確認のため受診。ステロイドは半錠にするよりも、2日に一回にするほうが副作用が軽いということで、今後2週間はそれで様子を見ることになりました。


今後、この季節は珀には悪いけど、草むらで寝そべることはNGです。そこを気をつけつつ、お薬を上手に利用しながら過ごしていくことになりそうです。


それで珀が健やかに穏やかに過ごせるなら、ありがたい。


もうすぐ4歳、日々の中でお互いを分かり合う努力が楽しさに変わり、本当に一緒に過ごせる事の大切さ、愛おしさを感じる毎日です。


今日の受診帰り、河川敷のチューリップ畑に寄りました。
飛び跳ね、走り回る珀。

とってもイキイキ、ルンルン。

本当に楽しいんだなあ~って、嬉しくなりました。


今はもう、寝ちゃったけどね(笑)。


カイカイも何だか原因が見えてきたし、信頼して相談できる優しい先生や看護士さん達。その時その時のベストを選択して、珀との生活を大切にしたいと思います。


ねむたくなってきた~
スポンサーサイト
  1. 2013/04/07(日) 18:45:30|
  2. カイカイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関節炎とカイカイ

肉球の間のカイカイはいつの間にかおさまり、結局、様子を見ながら(珀の痒さ具合)お薬を先生と相談しては調整しつつの日々だったなあ…と思います。

カイカイが始まった当初は、とにかく完治を目指して、こちらが過敏になっていましたが、結局は信頼できる先生との二人三脚で、軽減していったというか…。

そのときそのときの珀の状態に合わせて考える=傾向が見えてくる…。結局、食べ物アレルギーの線も、季節的なものである線も、環境(ハウスダストなど)の線もどれもあるともないとも…。ただ、大きく環境を変えず、様子を見て、時にはお薬も上手に利用してつきあっていく…という方法に落ち着きました。


関節炎も手術から約半年。レントゲンチェックも先日済ませました。

毎日一回、夕飯時に二種類のサプリメントは継続中。経過は少し膜のようなものは見受けられるものの想定内。完治は難しいと聞いてましたし、これも、上手につきあっていくしかないと思っています。


…ということで、ひとまず、平和な毎日。


足の手術の時に高塚地蔵尊のお地蔵様にお参りしてたので、30日にお礼参りに行ってきます。もちろん、本人も一緒(笑)。


病院の先生も含めて、皆さんに感謝しないと…。


…ね、珀!
  1. 2012/12/27(木) 07:42:59|
  2. カイカイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

珀の食事事情

珀のカイカイ歴も一年を過ぎ、食事内容も以下のもの以外は口にしてません。

療養フード(アミノプロテクト)
ヨーグルト
馬のアキレス腱
お芋のアキレス
カツオ
ヒメタラ
病院から買うビスケット

だいたい、一回の食事が、フード50gにヨーグルトをスプーン一杯。

その後にアキレス腱を一本。

たまに、お芋のアキレスを一本。

これが朝と夜。

夜は、サプリメント二種類がフードにまざります。

お肉は全くと言っていいほど、食べてません。

それでも、雨が続くとボリボリ掻く姿がよく見受けられます。

アレルギーなのか、何なのか…。でも、ある一部分の毛が薄くなるほどガジガジすることはなくなりました。


なので、今はこのまま様子を見ていこうと思います。


あ、そうそう、たまにホカホカのお米、食べちゃいます。圧力鍋で炊いて、ジャーに移す時にしゃもじに残ったご飯、珀の「お楽しみ」です。




ペロペロペロペロ…。ママ、しっかり押さえててね


氷、食べるの上手になったね~
  1. 2012/09/12(水) 06:00:00|
  2. カイカイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

がまんがまん

先日、ハゲチョビンの受診をしたときに処方された抗生物質と副作用なしのかゆみ止め、残り少ないことに気付き、昨夜慌てて受診。(21時までなのに出発したのが20時すぎ!片道30分ちょっとかかる!)

何とか病院に到着!と同時にハイテンションで病院に駆け込む変な仔(笑)

ここの先生や看護師さん達は皆さん優しいので、珀は大好き!たまたま他のワンコさんがいなかったので、のびのび。



せんせい、まだですか?


こうやって、自ら診察室へ入る(笑)。


でもね、先生から「珀ちゃん、どうぞ~」と声がかかると、ソソクサと出てくるよね(笑)。

でも、パパに捕獲され、診察台へ。そして14.2キロ!…トホホ。

問題のハゲチョビンは、カラカラに乾燥していい感じです。先生曰わく、やはりアレルギー持ちの肌が弱い仔はばい菌に弱いので仕方がないとのこと。抗生物質はあと二週間ほど様子見て、カイカイの薬はしばらく続けることになりました。これも、その都度相談しながらいきましょうね…と言って頂き、先生に感謝です。


お話ができるのが一番!


あ、ウ○チのことも聞いてみました(笑)。すると、もともとお薬の影響でお腹が緩くなる仔もいるそうで、珀の場合は普段がコロコロなのでいい具合になってるのでしょう…とのことでした。

そして、時期的にフィラリアの季節。

まずは検査。珀はすっかり受診が終わってたと油断しており、看護師さんにしっかりホールド。みんなから「お利口さんだね~」やら「すごいね~」やら誉められつつも情けない顔してました(笑)。

ガマンガマンだったね!


その後、ハゲチョビンのお薬に、フィラリアのお薬、フロントラインに診察代。(いろいろと特典はあったんですが)軽く2万を越えましたがな…。


人間もガマンガマン…(笑)。
  1. 2012/04/04(水) 07:05:35|
  2. カイカイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真犯人は?2

珀のハゲチョビン、アゴの下はちょっとヒドいので受診を決意。症状から、ネットで調べたところ「皮膚糸状菌症」ではないかと…。


久しぶりの病院、相変わらずウキウキルンルンな珀(笑)。待合室では先に受診するワンコさんを伏せて見守る余裕(笑)。


順番がきて、夫に抱っこされて診察台へ。


ワタワタ慌て出す中「14.1キロですね」…えぇ~!抜け毛がすごくて「痩せた?」とか思ってたのに太ってた(笑)。


ハゲチョビンを診ている先生に「皮膚糸状菌ですか?」と尋ねると、どうも違うみたいで…。本当にそうだったらカビの仲間なので人間にも症状が出ているとのこと。来月、6月とシャンプーの予約を入れ、抗生物質と副作用なしのかゆみ止めのお薬を処方してもらいました。


ひとまず、引き続きお部屋のお掃除とシャンプーで様子観察です。


塗り薬は、すぐに感づかれ、へそ天で爆睡中にしか塗れなかったので、今回は飲み薬対応になりました。


不思議と錠剤はフードと一緒に食べちゃうのでありがたいです(笑)


結局、ダニでもノミでもカビでもなく、やっぱり食物アレルギーなのかアトピーなのか…というかんじです。


ひとまず様子観察して、ハゲチョビンの回復に励みます。

  1. 2012/03/29(木) 22:39:04|
  2. カイカイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。