黒柴の珀

共働きで迎えた黒柴の珀。まだまだはっちゃけてます!マッタリとした日々は果たして訪れるのか…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

感謝

かなりのご無沙汰になってしまいました。

珀も私達夫婦も元気です。

珀を迎えて五年目。ウギャウギヤに悩まされた日々も、関節炎に悩んだ日々も、カイカイに奔走する日々も、ぜーんぶ完全に解決したわけではないけど、何よりもぜーんぶひっくるめて心豊かに過ごせるようになりました。

1日のほとんどを独りぼっちで過ごさせてしまう罪悪感も時々襲ってくるけど、その代わり、家族そろったお休みは、必ず珀のために使うことがいつの間にか定着しました。そして、いつもと違う朝の空気に、珀はそれを感じ取っているかのように、ワクワクした子供のようになります。

珀も私達も、五年かけてここまできました。日々の積み重ねの中で、お互いをわかろうと努力してきました。

それは、これからもきっと変わらないし、もっともっと、満ち足りたものになっていくような気がします。

チャーリーママさんが、いつか、言っていた、私達が珀といることで幸せを感じていれば、それが珀にとっても幸せなのだと、本当に思います。

飼い主の後ろや横を必ず歩かなくたって、飼い主の目をしょっちゅう見なくたって、飼い主の布団で寝たって、文句ブリブリ言ったって、珀が珀らしく、私達が私達らしく、笑って過ごせることに感謝。

スポンサーサイト
  1. 2013/11/04(月) 13:17:16|
  2. 珀のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。